補聴器適合判定医師研修会に参加しました

投稿日時:2018/08/16(木) 11:17

2017年7月19日から7月22日に国立障害者リハビリテーションセンター学院で行われた補聴器適合判定医師研修会(以下研修会と称します)に参加しました。この研修会に参加したのは、正来耳鼻咽喉科医院で補聴器適合検査を行うためです。
この研修会は定員が80名と決まっており(実習に使う器械の個数に限りがあるため)、受講希望者が大変多く、満員となったら締切ります。この研修会の受講にあたり注意する点を述べます。

① 以前研修会の実施時期は年度によって変わります。以前は11月だったのが7月に変更されています。
② 研修会の日時は年度が改まらないと発表されません。新年度となる4月になったら研修会の日時を国立障害者リハビリテーションセンターのHPで確認しなければなりません。
③ 研修会の申込みは約2か月前からですので、国立障害者リハビリテーションセンターのHPで毎日確認して申込みが始まったらすぐにHPから申し込まないとなりません。小生は申込みが始まった日の夕方に申込みましたが、25番目でした。今年も定員の80名に達したので、途中で応募を締め切っています。
④ 所沢市内に電車が走っていますが、立体交差は少なく、踏切りが多く残っております。車で参加する場合は、渋滞することがありますので遅刻には注意して下さい。15分以上遅刻すると受講証明書が発行されないようです。
⑤ 研修会に参加することで日本耳鼻咽喉科学会の専門医領域別講習が2単位取得できました。

研修会の内容はとても充実しております。講義の他に、耳型採取と補聴器フィッティングの実習もありました。研修会で使用したテキストはとても中身の濃いものです。何度も見直しております。
最後に研修会を担当された講師の先生方ならび国立障害者リハビリテーションセンターに深謝いたします。







相模原市中央区の正来耳鼻咽喉科よりお知らせしました。