滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは急性炎症を伴わないで、中耳腔に貯留液がある状態です。鼓膜に穿孔がなく、中耳に貯留液があり難聴の原因となりますが、耳の痛みや発熱などの急性炎症のない中耳炎と定義されます。
乳児の約50%では急性中耳炎に罹患した時に、中耳に貯留した細菌性の液体がそのまま残ることで起こります。
1歳までに50%以上、2歳までに60%以上の乳幼児が滲出性中耳炎に罹患することが知られています。
高齢者では耳管の機能が低下するために、鼻汁が耳管咽頭口より入ることで起こります。

滲出性中耳炎の症状

1.聴力の低下(10~40dBの伝音難聴)
2.耳閉感
3.耳の中で液体が動く感じがある

滲出性中耳炎の年齢分布

乳幼児と高齢者に多いです。

滲出性中耳炎の治療

1.内服治療を行います。鼻症状の改善とともに消失することがあります。
2.当院ではOtoLAM™を使用して鼓膜切開術を行います。
3.滲出性中耳炎は再発することが多いです。再発する場合は鼓膜チューブ挿入術を行います。

滲出性中耳炎(症例1)

症例1:黄色の液体(矢印)が鼓室に貯留しているのがわかります

滲出性中耳炎(症例2)

症例2:滲出性中耳炎:鼓室全体が黄色になっているのがわかります。
症例2:標準純音聴力検査:左耳の伝音難聴です。
ティンパノメトリー:右:A型→正常 左:B型→滲出性中耳炎を疑います。

滲出性中耳炎(症例3)

症例3、左図:OtoLAM™による鼓膜切開直後。黄色の貯留液が貯まっている部分の中央にOtoLAM™で切開しました。
症例3、右図:開窓した部分から吸引したことで黄色の液体がなくなっています。聴力も改善しました。

鼓膜チューブ挿入術

OtoLAM™による鼓膜切開術は治療効果が非常に大きいですが、滲出性中耳炎は再発を繰り返すことがあります。その場合は鼓膜チューブ術を行います。
鼓膜チューブ挿入術の合併症として耳漏が続くことがありますが、滲出性中耳炎に対する治療効果はOtoLAM™よりも大きいです。

滲出性中耳炎(症例4)

症例4:鼓膜チューブが挿入されています(矢印)。

耳の病気一覧

  • 難聴の分類と正常な鼓膜

    難聴の分類と正常な鼓膜

  • 急性中耳炎

    急性中耳炎は小児が罹患することが多い疾患であり、1歳までに62%、3歳までに83%が少なくとも1回は罹患すると言われています。

  • 滲出性中耳炎

    滲出性中耳炎とは急性炎症を伴わないで、中耳腔に貯留液がある状態です。

  • 耳垢栓塞

    耳垢は耳垢腺からの分泌物、皮脂腺の分泌物、脱落した外耳道表層の角化細胞、耳の毛、埃などがあわさったものです。外耳道の形態異常や分泌物の性状によりmigrationが低下すると耳垢栓塞となります。

  • 老人性難聴

    加齢に伴って生じる難聴を老人性難聴と呼びます。

  • 突発性難聴

    突発性難聴とは突然に感音難聴が発症し、原因が不明とされています。 発症から1か月以内に治療しないと聴力が悪いまま固定してしまいます。

  • メニエール病

    めまいが反復し、耳閉感、耳鳴り、聴力(低音域が多いです)の低下を伴うものをメニエール病と呼びます。

  • 外耳炎

    頻回な耳掃除による刺激や耳漏の刺激により外耳道に炎症を起こしている状態です。

  • 外耳道異物

    外耳道の異物になるのは小児ではビーズ、BB弾、消しゴム、キャップなどが多いです。成人では毛(自分の毛、ペットの犬や猫の毛)、綿棒の先端、ティッシュペーパー、イヤホンの先端、補聴器の部品などがあります。

  • 外耳道真菌症

    外耳道深部に真菌(カビ)が寄生すると、剥がれた表皮が膜様物となって外耳道を覆うようになり様々な症状がでます。

  • 外リンパ瘻

    強く咳き込んだりして髄液圧が急激に上昇した場合に前庭窓、もしくは蝸牛窓が破綻して瘻孔を作った状態です。